NOONの個人BLOGです。

咲-Saki- Portable

咲-Saki- Portable
※画像はファミ通より

いずれゲームになるかなぁと思っていたが、まさかのPSPで発売決定です。

最近ゲームがPSPで出るのは流行なのか?

仕様を見る限りでは普通に麻雀ゲームみたいですね。

初心者にも解るようにサポートモードが付くのでルールが解らなくても大丈夫だそうです。

やって行く内に覚えられるような仕組みなのかな?

アドホック対戦も付いていて、4人で出来るそうです。このシステムはいいかもね。

ネット対戦もいいが仲間内でちょっとできるのはよい。

ストーリーモードはオリジナルかな? 団体戦も在るしキャラゲーとしては色々作ってアルっぽい。

チャレンジモードもちょっと気になるところだが・・・。

限定版はフィギュアが付くそうですが・・・どうなんだろうw

買うかは分かりませんが、咲と言うことなので書いてみた。
2009年11月27日 | 22時08分 | 咲-Saki- | トラックバック(0)件 | コメント(2)件

咲-Saki- 第25話

ついに最終回となりました。原作に追いついてしまったからしょうがないのでしょうが、ちょっと中途半端かな。

第二期をやるのか判りませんが是非やって欲しいです。そもそもいつになるのやらw

TGSから帰ってから寝るつもりでしたが、結局OAで見てしまいましたw

と、言うわけで自分には珍しく、一回も逃さず25話全てOAで見たことになります。(自分自身驚いてるよ)

オープニング、合宿に全員集まってからの、「まずは温泉」に。

福路と和が出てきたのでコレは京太郎の妄想と思ったら、本当にそうだったよ。

ちなみに、京太郎は一人部室でPC麻雀で特打ち中。

さらーに、龍門淵の執事ハギヨシが相手に成ってます。「まだまだ、ですね。」はちょっとかっこよかった。

全員もう一度集まって、加治木の提案で参考データの事を話そうとするのだが・・・。

優希がフルーツ牛乳を飲みすぎでトイレに。

風越の文堂が湯当たりに・・・。

衣ははしゃぎ疲れて寝てる・・・。

すっと現れる桃子・・・加治木の話を聴いてくれないことにちょと怒ってます#

残念ながら鶴賀も新部長津山が湯当たりで倒れるw

結局今日はフリーで合同合宿は明日からと言うことになりました。

この後は加治木と桃のシーンです。この二人の場面は今回多いですな。

また別の部屋では、鶴賀の妹尾の借りを返す為、マコ、吉留、沢村が絡んでます。

別の部屋では温泉卓球がヒートアップ。

そこに加治木らが合流、卓球はやったことがないようで、なんとなくラリー。

咲と和も来ましたが、こちらもやった事は無いようで見物。

透華と一も合流、こっちも初心者っぽいですが、何故か透華がダントツ勝ち。

CM明け、咲と和が露天風呂に。

うーん、コレってやっぱりDVDでは見えるんだろうなぁ。

DVDの3巻で清澄の合宿の時は乳首が見えてませんが丸々おっぱいははっきり出てたね。

公共放送ではしょうがないんでしょうけどねw

ふと見ると加治木が先に入ってます、当然桃子も居るのですが姿が見えず。

「いや、二人だ。」の恥ずかしそうに言ってました。本当に仲がいいな。

続々と、久、透華、一、福路、華菜と露天風呂に集合。

ここで咲の姉、照の話になりますが咲は外に出て行ってしまいました。

和は今回ずっとストレートロングだなぁ。ツインテも嫌いじゃないがこっちの方がちょっといいと思う俺がいる。

神社で元気付けてお守り(?)を購入する。そして二人でそれを交換し合う。

んでもって、二人とも名前で呼び合う仲に・・・ちょっと慣れないので照れてますけど、これからはそう呼び合う仲が続くといいね。

戻ると合同合宿の準備が。しかもビッグゲストで藤田プロがいます。

和って「カツ丼さん」って呼ぶのかw

伏線かわかりませんが、この後全国大会のダイジェスト見たいなのが流れるのですがそこに交換したお守りが。

さらに全国大会でのキャラクターも声は出ていませんが強豪高校(?)が出てましたね。

巫女服とかコスプレとか・・・あれは何だ?!

というわけで、一応綺麗にまとまり終わりとなりました。

最後の最後、手を繋いでいた咲と和のシーンが印象に残って良かったな。

2期、全国大会編を気長に待ってます^^

さて、来週からこの時間は見ないでしょうが、この前の番組「かなめも」の後番が「夏のあらし」の続編なのでそっちを見るかな。



咲-Saki- アニメスペシャルサイト

2009年09月28日 | 22時45分 | 咲-Saki- | トラックバック(6)件 | コメント(0)件

咲-Saki- 第24話

今回ちょっと気になったのが絵が極端に統一されていない事。

破綻とまでは言いませんが何かいつもと違うし、優希たちがタコス屋で食べていたシーンはあれは演出でああ成っているのか、それとも・・・?

オープニング、衣を寝かしつける為に透華が絵本を読んでいます。※注)衣は高校2年生ですw

尚読んでいた絵本は「2ぶんの1かいしんだねこ」、どんな話だよw 価格は1400円だそうです。

一のロングヘア-は初めてかな。いつもはポニテで短い感じがしましたけど、意外と長いんですな。

そこに、清澄高校の竹井久からの手紙。内容は4校合同の麻雀合宿のお誘いです。

CM明け、京太郎から夏祭りのチラシを持って咲の所に来ます、皆も誘おうって。

和はこの時取材中です。中盤にテレビ放送されました。

京太郎の抜け目無く浴衣妄想シーン。

で、お決まりの優希登場w そこで合宿の情報を聞くことになりますが、優希の台詞がよかったなw

「カリスマイケメンエスティシャンがやって来て、咲ちゃんや私の胸をのどちゃん並のわがままおっぱいにしてくれるジョ」
「誰がわがままおっぱいですか?!」

と和の突っ込み。

そして、優希は期末テストの数学で赤点を取ってしまい追試があるとか。

このまま追試も落ちてしまうと合宿が危ういということで勉強を皆ですることになります。

一方、鶴賀学園では加治木が泳ぎの練習を・・・これは恐らく桃も居るな出てないけどと思ったら後から出てきましたw

こちらも合宿の誘いの決断でしたが、鶴賀にとってはプラスが多いということで速攻参加表明。

龍門淵では、透華は原村和に対してアイドル対決の決着をということで参加したいが他のメンバーはメリットが無いと言う理由であまり乗る気ではない。

そこに、ちっちゃくなってる衣登場w 「原村ののかが衣と遊んで欲しいそうだぞ!」ということで全員異論なく参加表明。

で、この後あたりから絵のデッサンがなぁ・・・。

最後にようやく風越女子ですが、福路は参加を悩んでいるようです。

部員は気がついているようですが、福路は自分の為だけに合宿を参加することはないからねぇ。

CM明け後半、久の優希に対しての作戦実行w

真意は一年生はずっと麻雀漬けだったので、たまには休んでもいいだろうと言う配慮でした。

というわけで、色々駆使して優希の追試合格の為の勉強会を頑張る3人でした。

ちなみに京太郎は合宿の為の買出し要員になってましたw

追試当日、回答は全部書いたようですが部員は期待薄な感じでしたね。

その頃、久の所にお客様が・・・風越の福路がたずねてきました。

合宿の参加ということですが、色々話をしたんだと思います。多くは語られていなかったですけどね。

夏祭りではタコスの屋台が・・・あるのかよw

女の子の浴衣姿ってなんかいいよねぇ、と思う俺でしたw

来週はその合同合宿の様子ですかね。

そうそう、また放送時間が変なことになってます。

2時18分からだそうです。今回より5分また遅いぞ。

しかも、来週といえばTGSの帰った直後なので、恐らくOAでは見れずに爆睡の可能性大です。

初のレコーダー頼みになるかもw



咲-Saki- アニメスペシャルサイト

2009年09月21日 | 03時37分 | 咲-Saki- | トラックバック(2)件 | コメント(3)件

咲-Saki- 第23話

ステルス桃の反撃により、智紀が2回振り込んでしまう。

久は場の空気を読んで早上がりに徹する。流れが変わるきっかけになったかな。

咲はカンも出来ずに上がる術が無いのに迷っているのだが、久の上がりで合宿の時の事を思い出しました。

咲が合宿でやったことは、捨て牌だけの情報で相手を読むコンピューター麻雀でした。

コレによりステルスを解除、流れが一気に変わります。

桃子から南をカン、流れに負け時と久が咲のドラ切りをポン。

咲のツモ順で南をツモ。この時点で久は咲の勝ちを確信し、牌を伏せます。

まぁ、演出でしょうけど、凄すぎ。

嶺上開花で跳満、逆転トップに。コレで咲は5位に浮上。

ラストの10回戦、咲の卓では個人戦ダークホースの南浦数絵と直接対決に。

宮永咲、南浦数絵、吉留未春、蒲原智美の対戦。

この卓ではトップを取って3位以上に入れるのは咲と南浦だけ。

他は同じ学校の上位陣の為の援護射撃っといった所ですね。

それ以外の卓でも上位同士の戦いが始まってます。

東場、咲はまたカン出来ずに上がれずじまい。

南場に入ったとたん南浦は力を発揮・・・どんどん上がっていきます。

ポニテもいいけどストレートもいいなぁとちょっと思った^^

でも・・・咲は笑ってましたね。ギャラリーは気がついたみたいですが団体戦の最後の感じです。

この後、暗カン、嶺上開花ツモで逆転!

というか、この順の吉留、良く当たり牌の2筒止められたな、空気だけでいけるもんなのかなぁ。

一方、久の方ですが、もう一度福路との対決。

最後に逆転トップしたのだが、咲に1点及ばず・・・。

これで、個人戦は1位福路美穂子、2位原村和、3位宮永咲となりました。

あれ、俺の予想と全然違ったよw 透華来なかった・・・。

来週は「夏祭り」らしいので一休みみたいな感じなのかな。

そうそう、来週の放送時間がかなり微妙になってます。

2時12分から・・・なんだこの中途半端は。



咲-Saki- アニメスペシャルサイト

2009年09月14日 | 21時17分 | 咲-Saki- | トラックバック(9)件 | コメント(0)件

咲-Saki- 第22話

2週間振りの放送です。今月中に終わるのか、来月に1話食い込むか、最後に2話やるのか、それとも25話で終わりなのか。

さて、どれでしょうね?

オープニング、いきなり京太郎の妄想(夢落ち)で始まりましたが、京太郎は巨乳好きだという事がハッキリしましたよ?

水着シーンを見る限りでは福路もかなりありそうです。(のどっちほどでは無いがね。)

個人戦二日目、優希と謎のダークホースが同じ卓で開始。

この二人は全く対称的な打ち方をする事が判明。

優希が東場に対して、・・・名前なんだっけ、まぁいいや、南場が得意という戦い。

最終的には優希がちょっと負けちゃいましたが、かなりの自信があるようで。

しかも、じいちゃん子。

気になる事というか推理というか、オリジナルキャラで出てきたとすれば・・・優勝ないんだろうなぁ。

本編にも出てくるのであれば別ですが。現在2位です。

午前中が終わって休憩中、咲またもや迷子w

そこに、スコア表をみて気がついた和。早急に探しに行きます。

ちなみにスコア表をみると+-0。清澄のメンバーならすぐ気がつくだろうな。

和以外は見てなかったようですけど。

咲を探し当て、約束を思い出させる和。・・・あれ、コレがあったかあらEDは「残酷な~」になったのかな。

咲は団体では全国行けるし、部長の久は最後だからと手を抜いてしまっていたようですけど、この後に久と同じ卓になるとは。

まぁ、あれは伏線なのはわかりますけどね。

しかも、面子がこれまた凄い。ステルス桃と龍門淵のコンピューター智紀、そして久と咲。

いきなり久が仕掛けます。安上がりですが意図があります。咲のカン阻止です。

それを読んだ智紀もすぐに気がつく。

久はこの時点では不完全だといいました。要するに3人の共闘戦線と言うわけですな。

この後にすぐ桃も気が付き安上がりですが、どんどん上がっていきます。

一方咲はと言うと、カンが出来ずに何も出来ない状態。

この作戦は長くは続かなく、桃が仕掛けて行きました。

桃は咲を完全にマークしてますからね。来週は桃のステルス機能が炸裂かな。



咲-Saki- アニメスペシャルサイト

2009年09月07日 | 21時12分 | 咲-Saki- | トラックバック(5)件 | コメント(0)件

咲-Saki- 第21話

予告通り、個人戦開始です。

個人戦は最初の予選で得点上位者、約半分の人数が勝ち進み、翌日に決勝というルールみたいです。

全国に行けるのは3人と告知もあったので、どういうメンバーが行けるのか楽しみです。

前半は各高校ともメンバーを鼓舞しあう所が殆どでした。

清澄は最初はそれぞれ別々のブロックに分かれての開始です。

部屋の関係上、咲と優希が一緒に移動して・・・咲、いきなりこけるw

まぁお約束な感じですけどね。(あいかわらずのカメラアングルだよ。)

部屋の前について、優希のバックに目をやる咲・・・中身は全部タコスときたもんだ。

兵糧だそうで・・・どんなけ食う気だよ。太らないのかのー。

試合が始まり、どうやら清澄のメンバーは順調に勝ち進んでいるようです。

ここで、ちょいちょいと出ていましたが、名前が明かされていないダークホースが居るようで。

どう絡んできますかね。

そういえば、透華と鶴賀のビギナーズラックガールの妹尾佳織が同卓で当たりました。

最初は順調の透華でしたが、最後の最後リーチをした直後の佳織の配牌の数え方を見てみると・・・。

俺も気がついたっすよ。この一づつの分け方は・・・国士だねw

透華も北をツモギリの時に気がついたらしく、この時点で灰色状態でしたね。

一(はじめ)の一言で復活しましたが、上位に居るみたいなので大丈夫そうです。

お昼休憩中、どんより曇った京太郎登場。

どうやら男子は参加人数が多いらしく、午前中でも下位順位は予選落ちらしいです。

メンバーに慰められたのも束の間、結局パシリにw

でも喜んでいるみたいなので良いのでしょう。

後半は同卓になった久と福路との戦いです。

久は順応といいますか、マークされているのを逆手に取ってドンドンと上がっていきます。

福路も昔の久の戦い方を思い出し、変わっていないことを確認する。

そしてオーラス、部員の言葉を思い出して反撃に。

右目がこの時に開きましたね。開いた時の瞬時に周りの状況確認は速いですね。

久の待ちをも読み取り振込みを止め、さらに待ちを変えたのにも関わらず、上を行く反撃。

最後はフリテンツモで逆転と最後は盛り上げてくれました。

試合終了後、久は両目が開いている福路を見て3年前を思い出したらしく、やっとお話ができました。

来週は謎の人が出てくるかな。

個人戦はスポット人数が多いのでかなりハイペースな気もしますけどね。



咲-Saki- アニメスペシャルサイト

2009年08月24日 | 13時39分 | 咲-Saki- | トラックバック(6)件 | コメント(0)件

咲-Saki- 第20話

水着だ水着、待ってたよー。

と、その前にオープニング、団体戦の優勝、そして姉の夢をみる咲。

タイトルが「姉妹」なんですけど、関連する所は最初の県予選決勝開始と終わり際の全国大会進出決定でちょっと出ただけでしたね。

残り話数からすると多分全国大会はなさそうですね、2クールならですけど。

自分はコミック等は読んでいないので解りませんが、CMだと最新刊の内容はTVアニメが追いついていますので、展開的に無理でしょう。

今回の内容は水着を別とすると、個人戦の話でしたからね。

では、俺にとって本編ですがw 部長の唐突にレジャープールに行くと言う提案に、団体戦のご褒美と称し皆で出発します。

京太郎のあいかわらずの妄想力。そしていつもの優希の突っ込みw

所変わって現場プールに到着。水着のお披露目~。

よく見るとエンディングの水着と一緒ですね。ここで意外な事実、咲は泳げない。

まぁその後の展開は察しの通り和が付き添って浅い方のプールで入る練習。

最近、和のテレ顔が多いですね。咲とのシーンが多いせいもあるが。

エトペン型ビーチボールで遊んでいる中、雀卓をもってこようとする久、やっぱりそういう考えだったかw

でも、警備員に止められて断念したようです。

休憩中、京太郎がVIPルームがあるのを発見して話している直後、流門淵高校の面子と出会います。

カメラアングルで廊下から順番に出てくる時、衣はリボンしか見えて居なかったのにちょっと笑った。

そして、衣が和に最初に在った時、言えなかった事を言えて良かったね。

どうやら、個人戦にはでないらしいですけど、咲との戦いで麻雀の思いが変わったかな。

VIPルームでは、ツンデレの透華様炸裂ですw

衣の好きなハーンバーグエビフライのために個人戦で東京に行く気満々ですね。

流石に透華は行くんじゃないかなぁと予想。

個人戦で何人全国に行けるかは解りませんが、あのファミレス騒動を考えると衣を絶対に連れて行くでしょうね。

団体戦決勝の他高校は、両校とも個人戦の話をしてましたが、対戦表次第では面白そうな展開になりそうな予感。

次回予告でも個人戦がスタートのようで、最初から久が登場っぽいですね。

ちょっと確認はできないですが、福路が卓に居たような・・・もしかして3年前の対戦再びか?

話の最後、宮永照に話し掛けていて、照は「妹は居ない」と言ってました。

はて、一体何があったんでしょうね。今まで、この事については未だ触れていないんですよね。

咲の思い出では優しい姉みたいなので、全国大会次第かな。

これって第二期とかの伏線なのか?

意外と原因は咲だったりね。開始当初は原点にするという得意技がありましたからね。



咲-Saki- アニメスペシャルサイト

2009年08月18日 | 00時00分 | 咲-Saki- | トラックバック(12)件 | コメント(0)件

「四角い宇宙で待ってるよ」とその他

「四角い宇宙で待ってるよ」&「THE夢のヒットスクエアキャラソン対局編」
また買ってしまった。

今回もエンディングだけです。それとキャラソンも買っちゃった。

表紙だけだと4人だけなのかと思いましたが、8人歌ってますね。

この他の4人は和と福路と透華と桃子ですね。

とは言え、まだキャラソンは聞いてないのでこっちは今回パスですw

で、咲の新エンディングテーマの「四角い宇宙で待ってるよ」ですが、明るいテンポの良い曲です。

TVで聞いている人はわかると思いますが、今回も麻雀用語満載です。

ただ、麻雀用語+ダジャレみたいなのが多少混じっているので微妙な所もありますけどね^^

今回も触れずには居られないSDの表紙ですが、これもTVのEDではおなじみの水着スタイルです。

個人的に久のパレオがいいなぁとw 和は相変わらずな体系ですけどね^^

久とマコもそれなりにあるんですけどねぇ。やはり規格外のおっぱいは強い>つよい?
2009年08月17日 | 00時00分 | 咲-Saki- | トラックバック(0)件 | コメント(0)件

咲-Saki- 第19話

オープニング、前回の最後の咲の言葉「家族」の繋がりから衣が麻雀を打つ理由みたいな感じの内容でした。

両親が事故に遭い亡くなってしまい一人ぼっちに成ってしまった衣。

親戚の透華の家に引き取られる事になりましたが、葬儀の日、衣の友達と呼んでいた動物達が現れないのを悲しんでいたのを見た透華は、友達を作る事を約束し麻雀を進めたらしいです。(この辺はあいまいなんですけど、今やっているからそうなんでしょう。)

決勝戦南3局、咲が上がった後、絶望的なのは風越の華奈。現状では流局を連続して点を稼ぐ事しか方法が無い中、ふてぶてしくポジティブに麻雀を打つ。

そして加治木も手が進まないなか衣からの牌低の兆しが・・・。

だがその中で咲だけは平然としている。(まぁ前回からすでに覚醒してますからね)

そしてオーラス。華奈はほぼ絶望的ですが出来るだけポジティブに。その時監督がモニターをみていましたが、この人の謎は最後まで分かりませんでしたな。

加治木は連荘すればまだ可能性がありアナウンスでも最もな位置です。

場は華奈が四暗刻単騎ツモも上がっても可能性がないので拒否。兎に角流局の構え。

衣の1筒ツモ牌。コレを切る時に咲からの異様な気配を感じる衣。

この感覚で麻雀の打つ意味を徐々に理解し始め、咲が「麻雀って楽しい」の言葉にあやふやではあるが藤田プロの言った言葉が分かったようです。

そして、悩んだ末、現状の手なら上がられても勝ちと確信しツモ切りをする。

咲は直撃でなければ勝てないのだが、ここで大会ルールが生きてきます。

カンの場合はカンをさせた人が点を支払うという責任払いが適用されています。

んー、役を良く覚えないんですが、確か「清一色対々三暗刻三槓子赤ドラ1嶺上開花」だったかな。

計算上は14藩で数え役満です。そして見事逆転に成功。

ついに決勝戦の決着が付きました。この時、加治木は国士無双聴牌とこれまた恐ろしいw

終わった後、華奈が、加治木が、そして咲が、衣に対してまた麻雀打とうと言ってくれて、衣はようやく孤独から開放されたのかな。

透華が言った事がここで生きてきましたね。本当によかったよかった^^

風越は監督に怯えていた華奈ですが、どうやら大丈夫みたいで。

おそらく、諦めない事が伝わったんじゃないかな。前に怒っていたのはコレが原因なのかな。

鶴賀は加治木と桃子の逢引きが・・・まぁ個人戦の話もしていたので、次は個人戦やるのかな?

部長は部員管理と言いながら他の1年生と一緒に覗いてましたがw

清澄は当然咲と和ですね。もう言う事は無いでしょう。相変わらず規格外な和ですがw

そして全国大会へ進出ですね。

さて、今後は何をやるのかな。個人戦なのか全国に行くのか全く分かりませんが、次回予告では水着だった・・・これしか覚えてない。

タイトルが「姉妹」だからやはり全国で咲の姉がでるのかな。

でも、やっぱり水着しか覚えてないやw



咲-Saki- アニメスペシャルサイト

2009年08月11日 | 00時00分 | 咲-Saki- | トラックバック(1)件 | コメント(2)件

咲-Saki- 第18話

オープニング、優希の水着発言及び胸発言から始まりましたが、コレがフラグだったのかなw

前回咲から槍槓上がり箱飛びを逃れた華奈。やっとキャラ紹介っぽいスポットが来ました。

福路との会った最初の頃の話ですかね。友達と下校した事がしばらく無かった福路に華奈が強引に話を持っていくシーン。

「お願いがあるんですが・・・。」「私を下の名前で呼んでください、後これから毎日一緒に帰ってください!」と顔を真っ赤にしながら福路に言った華奈が良かったです。

自分はうざく図太い性格なんだと開き直り、咆哮を上げる華奈。

吹っ切れたように麻雀を再開、ポジティブに考えた事で手牌が良くなっていきます。

「リーチせずにはいられないなぁ。」とちょっと格好良かったよ。

最終的には何と・・・えっ数え役満っすかw

ちょっと覚えていないんですが、多分「一発メンピン純チャン三色イーペイドラ3」の13藩かな。

怒涛の追い上げが始まるかと思えば、今度は咲が動き始めました。

最初は大分普段の感覚が戻ってきた自覚があるのですが、何かが違う。

合宿の事を思い出し・・・・ここでオープニングの変なフラグがw

優希が足袋というものすごいアイテムのお陰で(お陰?)言葉がちょっと危ない方面に。

いや、あれは確実にその意図でしょう製作スタッフ。釘宮さんに言わせたかったんでは?w

ちなみに台詞ですが「割れ目の先っちょが擦れると気持ちいんだじょ。」です。(注・足袋の話ですよ)

そんなこんなで(どんなだよ)、合宿や家で麻雀をやった時は素足だった事を思い出し、おもむろに靴を脱ぎだす。

そして、連荘でしかも安めで上がる咲。周りは不振がりますが咲は自信に満ちてます。

そして、安めの手が・・・嶺上開花トイトイ3暗刻子3槓子の親倍。

ちなみに、華奈がこの時国士無双聴牌で北待ち。

衣も雰囲気に違和感を感じ、藤田プロの言っていた「麻雀をさせられている」に疑問を持つ。

完全に復活した咲、これからどうなるのでしょう。

来週は決着が付くのかな? この点差がどうなるか見ものです。



咲-Saki- アニメスペシャルサイト

2009年08月04日 | 00時00分 | 咲-Saki- | トラックバック(5)件 | コメント(0)件

咲-Saki- 第17話

大将戦前半戦終了後10分の休憩タイムから。

順番に行きましょうか、まずは風越女子。

どうにも成らない華奈、他の選手は退場している中、会場に一人残りうずくまってしまいました。

泣いている姿が、前回からの続きで凄く可愛そうです。

回想部分で福路に、「勝っている時も、負けている時も来ないで下さいね。」と言ってましたが、その約束を破り福路が会場に歩み寄りました。

少しでも一緒に居て落ち着いてくれれば、華奈も福路も良かったと思います。

加賀学園は加治木と桃子ですね。

休憩におかわりのお水を持ってくる桃子、さりげない桃子がちょっと可愛いなぁ。

後半戦が始まる直前の桃子の台詞、「終わったら私と・・・。」その後がものすごく気になるんですが。

すぐに消えてしまいましたので加治木も聞き返しましたけど、何か分かったのかなこの人は。

龍門淵は衣と藤田プロ・・・えっ?w

相変わらず可愛がり方が凄い。ちょっと和むけど^^

藤田プロが衣に投げかけた「そろそろ麻雀をしろ。」と言うのが後々解ってくるといいな。

なんとなくの流れでは解るような気もするんですが、場の支配は固有のスキルとは違うようですね。

満月の事もちらっと言ってましたが、それは来週以降に発揮するのだろうか?

最後は清澄。当然、咲と和です。

トイレに行くと言って出て行った咲、試合中の表情に異変を感じて休憩中に会いに行く和。

和が探しても見つからない中、咲本人はと言うと・・・迷子ですかw

無事に合流し、約束の事を思いだ出させ鼓舞する和。

その最中に後半戦開始1分前・・・そしてトイレに行ってないってw

しかも、そのまま会場に・・・大丈夫なんだろうか・・・それとも伏線・・・いや、ありえんな。

後半戦、またもや衣の支配にやられる面子。そして点数操作により0点にされてしまった華奈。

確かに、あからさまにやられるとズタボロだろうなぁ。

これで、誰かがツモ上がりすれば風越は箱に。この時点で一位の龍門淵の優勝が決まってしまう状態。

でも、咲は微笑んでいたと和。

手配が良いのにリーチが掛けられない華奈、これでは上がれないと愕然とする。

しかも、上がり牌であるローピンをゆうゆうと衣が場に捨てる。

残り3枚が出る事に望みを掛ける華奈、だが、咲がポン。

これで残り一枚でさらに沈む・・・が、咲がここでカン。

・・・と言うことは、そう、本日2度目のチャンカン。そして跳満をあがる華奈。

見ていると分かるでしょうが、咲が仕掛けたのは風越に上がらせるためにカンを。

でも、上がれて良かったね華奈。ちょっと嬉しそうだったのが印象的でした。

自信に満ちてきた咲はこれからどう打っていくのか、今後の見所ですかね。



咲-Saki- アニメスペシャルサイト

2009年07月28日 | 00時00分 | 咲-Saki- | トラックバック(5)件 | コメント(0)件

咲-Saki- 第16話

ついに、天江衣が動きましたね。

得意技と言うか、特殊技能というか、衣は色々持っているみたいですね。

透華と一が控え室で言ってました。

今回特に気を引いたのは「海底摸月」。ラストの牌ツモって上がる事。

咲の「嶺上開花」同様、ニ連続で上がられてしまったので、全員が警戒して打ち始めました。

そして、場の支配とも言うべき、衣以外全員が聴牌にならない。

その均衡を破ったのが、加治木でした。(アナウンサーが部長と勘違いしてましたなw)

それも、衣の親で咲の当たり牌を読んだ上での振り込み。

咲も感じ取ってくれた事に感謝して、点数がどうのより、場の空気が多少和みました。

衣は親を流された時にちょっとビックリしてましたね。

龍門淵のメンバーもだったかな。でも、まだまだ衣の能力が全開では無いので平気みたいですが。

満月がどうのって言ってましたね。前回の大会では半月だったかで、これまた能力が全開ではないとな。

どんなけ隠し玉があるんだろう・・・。

ただ、風越の華菜が衣に跳満を二回振り込んで、落ち気味です。

本人も、福路の言っていた「どんな状況でも楽しんで麻雀を打つ」を解かっているのだが、状況的に出来ない状態。

加治木も華菜からのロンあがりでも言ってましたが、衣の存在で余裕が無い。

見てて、ちょっと可愛そうだったな。

そして、次回は・・・予告では華菜が0点に・・・?

0点は飛びじゃないから続く様な事を言ってましたので、挽回に期待です。

まだ良い所が無いですからね。

あれ、また咲が置いていかれてるw

まぁ、終始色っぽい感じに赤くなってますからいいかw

先週、主題歌が変わったのでEDのチェックをしようとしたら「残酷な願いの中で」が流れた。

ちょいと残念でしたが、こっちの方が流れる率が低いので良しですw



咲-Saki- アニメスペシャルサイト

2009年07月21日 | 00時00分 | 咲-Saki- | トラックバック(3)件 | コメント(0)件

咲-Saki- 第15話

OP、EDが変わりました。

しばらく前に密林で咲のCDジャケットが増えていたんで、コレなんだろうと思っていたんですが、後期のEDだったんだ。

EDのぷちキャラが全高校分あったので良かったなぁ。曲は今回も麻雀用語がいっぱい在りましたね。

OPは曲までは良く覚えていないのですけど、アニメーションは主要キャラが全部出た事もあって、UP場面が大体1キャラ1回はありました。

では本編、副将戦後半・・・えっ、急に展開速いよ。

副将戦の話は基本桃子ですが、今回のターゲットは和でしたね。

透華の活躍は無かったですね。もっとドカチャカすると思ってたのにちょっと拍子抜けだったな。

和がリーチを張ったときに、危険牌を普通に場に切る桃子。

しかし、和にはステルスが効かずにロンされてしまう。

和は覚醒状態に入っているので、デジタルとしてゲームを処理しているから、気配とかは関係ないようです。

それにびっくりする桃子ですが、ガチでも中々強いので怯まずに続行。

加治木が勧誘したのも、ステルス能力ではなく、純粋に麻雀の強さからだと言ってました。

結局、最後は風越の深堀が上がって終了。ここで深堀を持ってきましたかw

次の試合の準備の中、咲と和が合流し、加治木と桃子も応援し合いました。

透華は目立ってなかった事をかなり悔しがってましたけどw

和が帰還した時、後輩と合流できましたね。そういえば、優希もチームメイトだったんだよなぁ。俺も忘れていたよw

いよいよ、大将戦です。

清澄:宮永咲 龍門淵:天江衣 風越女子:池田華菜 加賀学園:加治木ゆみ

以上の面子です。入場してくる衣は可愛かったなぁw

咲は衣に違和感を感じるも、順調に試合を開始します。

華菜は前回の雪辱を晴らすべく衣に敵対を示すも、副路は試合履歴を見て、すぐに咲の打ち牌に気がつきます。

龍門淵も会場の一番最初に咲に会った時の変なオーラを思い出し、警戒モード。

そして試合が始まりました。

いきなり咲の連続リンシャン開放。試合を見ていた人全てが驚いた事でしょう。

だが、加治木が即座に対応をしてくる。ポンを見てカンの行動を見抜き、チャンカンで反撃。

うーん、始めから咲が活躍しているのは、後々まずいのでは?

まだ、衣も動いていないですし・・・。

上がり点も低いから、差はそんなに開いていないですけど、この試合は何話引っ張るのかなぁ。

主人公+最大の敵が居るんだから、あっさり終わらずにやって欲しいんだが、あっさり終わるのも咲というアニメなのかも知れないなぁ。

副将戦が本当にあっさりしすぎているので、どうなるか心配である。

次回は・・・・あれ予告を覚えていない。見たはずなんだがなぁ。

本編最後の絵が衣だったから、衣が動くのかな。

どうも、提供表示の所の桃子の動きが印象強くて思い出せないやw



咲-Saki- アニメスペシャルサイト

2009年07月14日 | 00時00分 | 咲-Saki- | トラックバック(8)件 | コメント(0)件

咲-Saki- 第14話

副将戦、前半戦のオーラスから後半戦東1局まで・・・おお、進んでないw

今回の話は前半は透華の事、後半は東横桃子の事と加治木ゆみの事の話でした。

大半は加賀学園メインだったかな。

オーラス、和のパーフェクトゲームを阻止するべく、親の透華が仕掛けていきました。

チームメイトも言ってましたけど、デジタルで打つのなら黙聴が妥当でしょうけど、そこにリーチをする。しかも、理由が和より目立つ為w

ちょいちょい、エンジェル姿の戦闘シーンになるのですが、この時だけは始めから2面性によるもう一つの性格なんですな。ちょいと現実とのギャップが。

そして、対する和なのですが、上がられた時こそ場面がありましたけど、しゃべったのって、ここの一言しか無かったのでは?

これで、順位が清澄と龍門淵で入れ替わりました。

2巡目・波に乗ろうとする透華でしたが、ここでようやく東横桃子が動き始めました。

チームメイトによると、副将戦は強豪が揃っているので消えるまでに時間が掛かったとか。

そして、ここからはついに加賀学園にスポットが当たりました。

存在感が無い桃子が、どの様にして加賀学園の麻雀部に入ったのかが描かれてました。

団体戦を出場するが為に人数集めをしていた麻雀部。最低2名を入れるべく、智美の親友である佳織はこの時点でピックアップされていたそうで。そして残り一人は学園内でLAN回線を利用し麻雀ゲームを展開し、入ってくれる人を募ったそうです。

全くやる人が現れない中、一人の人がログインしてきて対局し、勧誘を募るも「わたしを見つけられない」の文字。加治木はその事が気になり、ついにはIP表示強制表示という荒業を使い、教室までは特定できた物の、いざ教室に行くも誰だか判らない。

そして、気持ちが表に出たが為か「わたしは、君が欲しい。」と叫んでしまう。ここの所で現実の加治木は悶絶してましたなw

その行動に心を打たれて姿を現した桃子。こうして麻雀部に入る事になりました。この二人の仲は咲和以上かもですな。

後半戦・東1局。透華が調子よく打ちまわすも、気がつけばドラを桃子に振り込んでしまう。

ステルス桃子の本領発揮。すでに場では桃子の姿が無く、リーチすらも聞こえてない状態でのゲームに。

モニター越しでは、ちゃんとリーチ宣言もしているし見えているので、ルール的には問題無いですね。

久もなんとなく言ってましたけど、現場ではモニター越しに見えない何かが起こっているらしいと感づいている様で。

うーん、この面子だと風越の深堀が違う意味で空気状態に・・・。

次回はこの続きですけど、・・・あれ予告を覚えていないや。

咲と和がバトンタッチをしていたシーンがあった気がするので、おそらく大将戦突入かと。

副将戦の結末を出来ればちゃんと描いて欲しいですね。このまま行くと中途半端になりそうな気も・・・。



咲-Saki- アニメスペシャルサイト

2009年07月06日 | 12時30分 | 咲-Saki- | トラックバック(9)件 | コメント(0)件

咲-Saki- 第13話

いよいよ始まりました副将戦、自分としては期待大な戦いです。

清澄:原村和 龍門淵:龍門渕透華 風越女子:深堀純代 加賀学園:東横桃子

以上の面子です。

今回の話は、和と透華の事しかやって無かったですね。他は空気だったような。

東横桃子なんか「聴牌」の一回しか無かった気がする。このキャラはそういうキャラなんでしょうけどね。これは来週明かされるみたいです。

風越の深堀は、あの身体付で今までもあまり露出してないキャラなのですが、スポット浴びる事があるのだろうか?

さて、肝心の二人ですけど、まず透華から。一の話では二面性を持つらしいですけど、ちょっとずつは出てましたが、ちょいちょい出てくる(アバター姿で)和を弄くる妄想からも分かるように、あれがもうちょいエスカレートするんでしょうね。

和の覚醒を待っていたようでしたが、透華のあほ毛はプロペラですか?w

ネット麻雀では、唯一、透華の強さを凌駕したのが和らしいので、和に対する闘争心は半端では無いですね。

和の方はと言うと、始めの方はネット対戦のようには行かずに、緊張しながら打っていたようで、いつもの調子ではなかったですけど、合宿の事やエトペンの事を思い出して徐々にエンジンが掛かってきました。

あの時の表情、咲や久もいってましたけど、調子が出てくると艶やかな表情になるらしいです。ああなると止められないとか。

やっぱり和は可愛いねぇ。もう今回はこの表情がみれたので満足じゃw

半荘終了直前、気がつけば和だけしか上がってない事実に透華も後半エンジンが掛かってくるみたいですね。のどっち大丈夫かなぁ・・・。

来週の予告では東横桃子にもスポットが行くみたいなので、来週はもうちょっと場が荒れるかな。

試合以外だと、衣の事がちょっとありましたか。

過去の話や、友達がほしい理由もなんとなくだけど判りました。

きっと仲良くなれるよ、頑張れ衣!

さて、今の所全然スポットがあたらない本アニメの主人公咲ですが、今回は前回の続きからで、副将戦の始まる前のちょっとと、観戦室に戻った時のバナナだけだったかなw

大将戦では大いに振舞うことでしょうから、そこに期待です。



咲-Saki- アニメスペシャルサイト

2009年06月30日 | 00時00分 | 咲-Saki- | トラックバック(5)件 | コメント(0)件

咲-Saki- 第12話

今回の話・・・各校の絆が多く描かれてました。

風越はキャプテン福路を中心に。文堂星夏を抱きしめた時の池田華菜と吉留未春のびっくり表情や、華菜のやる気は大将戦の展開が楽しみです。

龍門淵は透華と一。透華のツンデレ?が大いに出たかなw 一も恩義の為だけではなさそうですし、やっぱりこのアニメ(漫画)はこういう路線だったんだ。若干、後ろで泣いていたメイドが気になりましたけどね。

鶴賀学園は特に触れてませんでした。

そして清澄は和と咲。最後の最後でしたが咲が起きてよかったね、和。咲のあの走りはグッドです。

絆といえば、久と福路もあるといえばあるかな。久はちょいと忘れているようでしたが、会った事があるのは覚えていたみたいです。

「サファイアとルビーは同じ石から出来ている。」、久が福路に言った言葉ですけど、いつか意味を聞けるといいですね。(自分もよくわからないけど、ヘテロクロミアでも同じ眼なのだから隠す必要は無いって事かな。)

中堅戦は久の牽制で出した上がり無しのリーチ、コレが一番目立ったかな。というかコレしかなかったような。

特に、鶴賀学園の蒲原智美の聴牌をベタ降りさせたのは凄かった。場の流れと言うのは確かにありますけど、あんな風に分かっててやるのは、そうそうないでしょうね。まぁション牌が気がつかずにって場合が俺はありますけどw

そして、エトペン。バラバラになってしまったぬいぐるみでしたが、透華の執事の・・・ああ、またど忘れ名前忘れた。・・・が直してくれたので、一安心。あの裁縫技術は目に見るものがあります。

直したエトペンを届けに行った衣。事情を知って直っている事を喜んだ和。

館内放送で会話が止まっちゃいましたが、衣は友達が欲しいのかな。後のシーンでちょっと沈んでいた衣もありましたので。一の回想シーンでは閉じ込められた過去があったみたいですし。仲良く慣れたらいいなぁ。

和がエトペンを抱えて控え室に戻った時にあったシーンで、バナナと牛乳は京太郎の妄想の餌ですか?w 京太郎・・・顔崩れ過ぎです。まぁ分からんでもないがww

次回はいよいよ副将戦。和の登場ですね。ああ、そうそう最後に、試合開始前に到着して良かったね和の後輩2名。名前が分かりませんが、OPに無かったので今日は無いかと思ってたよ。

鶴賀学園は名前は出ましたけど、姿が未だ出ていない東横桃子も出るでしょうし。(副将だよね?)

何より、主人公の咲を差し置いて、和押しの俺としては楽しみである。予告ではエンジェル姿もあったし、透華との戦いが楽しみです。



咲-Saki- アニメスペシャルサイト

2009年06月22日 | 21時30分 | 咲-Saki- | トラックバック(7)件 | コメント(0)件

咲-Saki- 第11話

また、オープニングに前回の続きとも思われる和の後輩が出てました。最初に、電車のドアが閉まり、出発した時点で、落ちが判ってしまいましたが、あれはあれで良いw このシリーズは続くのかな?

また、時列が交差しますが、中堅戦から。

清澄:竹井久 風越女子:文堂星夏 龍門淵:国広一 加賀:蒲原智美

以上の面子です。

久の打ち筋、前回も公言していた通り、ここぞと言うときは確立の悪い方を選ぶ、その通りにあれよと負け越していた分を、イーブンまでに持って行っちゃいました。

盲牌した後に牌を投げて「ツモ」って言ったのは、格好良かったです。(確かに、蒲原が言ったようにマナーしては、どうかと思いますけどw)

順位は、ほぼ平行線で、進行状況も丁度半分。振り出しに戻ったって感じですね。

これからは、強い人たち(変わり者たち?)が出てくるので、接戦になるかな?

中堅メンバーもまだ後半が残ってますし、久と国広だけしかクローズアップされなかったので、次回他のキャラもあればいいな。

国広はやっぱり手品と称するイカサマがあったんですな。でも、手品をやらずとも強いと、透華も言ってましたが、こちらもイーブンまで持って行きました。ああ、だから専属メイドなのか。

場所は変わりまして、仮眠室。改めて見ると、やっぱりあれって、上はいいのですが、下はショーツ一枚で寝てる事になるんだろうなぁ・・・。まぁ、スカートがしわになったら大変か。

エトペン(ペンギンのぬいぐるみ)が無い事に気がつき、探し回る和。

一方、お使いを喜んで実行中の衣。頭の中は褒められることでいっぱいの様で。

そこに戻ってきた、いたずら2人組。取り組みあい中にエトペンが千切れてしまいました。

泣きながら、歩いていく衣が印象的でした。可愛そうに・・・(やっぱり高校生とちゃうよw)

自分は、和が取ったのは衣と勘違いしてバトルって感じになると思ったんですけど、予告を見る限りでは違うようですね。

エトペンも治るみたいですし。(流石にエトペンの由来まで覚えきれませんでした)

次回は・・・、テレビ東京を見ている人は放送時間がいつもより30分遅れるので、間違えないように☆



咲-Saki- アニメスペシャルサイト

2009年06月15日 | 12時00分 | 咲-Saki- | トラックバック(4)件 | コメント(0)件

咲-Saki- 第10話

プロローグ・・・あの2人は和の中学時代のチームメイトかな?・・・昔の回想部分忘れちゃってて確認できないんですけど・・・うーむ、ドジッ娘属性・・・!

順番が交差しますが、まずは次峰戦から。

清澄:染谷まこ 風越女子:吉留未春 龍門淵:沢村智紀 加賀:妹尾佳織

この面子です。作中でも言ってましたけど、全員メガネw

ようやく、まこの戦い方が見れたのですが、特技と言いますか、これも又すごい打ち方ですね。

まこの家は昔から雀荘を経営していて、幼い頃からお客の打ち方を見ていて、その局面の記憶しています。メガネを外す事により、視界をぼかして、過去の記憶から同じ状況を引き出し、ここはと言う局面で助けになっているとの事です。

だが、面子には初心者が・・加賀学園の妹尾(せのお)です。この人が入ったお陰で加賀は団体戦に出られたとか、その初心者の打ち方はまこの記憶には無い様で苦戦します。

そんな矢先、ツモ上がり・・・トイトイ・・・っておい、この時テレビより先に突っ込んじゃったよ。

ちょまっ、四暗刻だろうがーーってw

戦いの模様はコレくらいしか無かったですけど、清澄はビリになっちゃいました。

順位は風越、加賀、龍門淵、清澄の順です。(前回、順位間違ってましたね><)

さてちょっと時間を戻しまして、次峰戦開始前、優希が戻った時のシーン。

気を利かせて、仮眠室に行った咲と和の二人。

泣いてしまった優希を慰める久とまこ。なんか良かったなぁ。

ああ、京太郎、お疲れ様ですw あの妄想は俺も好きだぁぁw

仮眠室で寝る二人・・・和の咲に「あの時は、原村さんに部をやめて頂きますって言われたから。」って後のびっくりする時の顔が良かった。その後のテレ顔も^^

この二人は、本当に仲がいいですね。

来週の予告にも、ちらっと出てましたけど、他校(予選で清澄に負けた高校)のイタズラでペンギンが盗まれてしまいました。その事が大変な事になりそうです。

で、そのペンギンなんですが、丁度その時に現場に到着した天江衣が「はじめてのお使い」に称するペンギンを届けに・・・って、えっw

何より、その前の・・・えっと何とかプロの衣の可愛がり方がいいねぇ。

さらに、衣も3頭身化するしw そういえば、意外と早く登場したもんだ。

次は中堅戦、久の登場です。しかも、風越の福路は昔の彼女を知っている様で。かなり苦しめたとか。

苗字が変わっているみたいですが、これは来週かな。(やるのかなぁ・・・)

次回は、中堅戦とペンギン事件かな多分。

EDがまた変わってましたね。先日購入したCDに入ってましたので、今回EDの絵を見ていたんですが、綺麗にできてるなぁと。前回そこまで余裕無かったから、そこまでよく見れてなかったよ。

曲も「わんだーらんど」と違って落ちついてますが、良い曲です。

前回は第7話で流れましたけど、どういう関係で流れるんだろう。

仮眠室で咲が和の手を繋いだシーンがありましたけど、ああ言うのがある時なのかな。その辺も気になりますね☆



咲-Saki- アニメスペシャルサイト

2009年06月09日 | 00時00分 | 咲-Saki- | トラックバック(6)件 | コメント(0)件

熱烈歓迎わんだーらんど

熱烈歓迎わんだーらんど
ふらっとCDを覗いていると、妙に目に留まったのがありました。

咲-Saki-のエンディング曲です。

買う予定はありませんでしたが、気が付いてみると手に取ってレジに向かってましたw

完璧にジャケ買いです。この絵はやっぱり引かれるよ~^^;

とは言え、買ってみて改めて聴きますと、かなり麻雀用語が散りばめてある曲ですね。

昔、スーパーヅカンのED曲で三波春夫が歌っていた「じゃんナイトじゃん」がありますけど、それよりも多いよ。(ちなみにCDは持ってますw)

2曲目に第7話?だったかな、EDが一度変わりましたけど、その曲が入ってました。

「残酷な願いの中で」・・・ん?、いや、気のせいだろう・・・。

何か、帯に「麻雀と電波の融合!」って書いてあるんですけど、電波って・・・w

もしかして、そこは突っ込む所じゃないのかな。(俺が自覚ないのか)

あと、もう一つ、ちっちゃくですけど、2バージョンって書いてあります。

これは、2曲ともED主題歌って事のようですね。

ってことは、またED流れるって事でしょうからチェックして置きましょう☆
2009年06月05日 | 00時05分 | 咲-Saki- | トラックバック(0)件 | コメント(0)件

咲-Saki- 第9話

決勝戦・先鋒戦が始まりました。

清澄:片岡優希 風越女子:福路美穂子 龍門淵:井上純 加賀:津山睦月

この面子で開始です。

試合開始前、優希の力の源であるタコスが、まず半荘分しかない・・・。

京太郎に頼み急遽買出しに。この後の事ですが昼飯も買いに行かされるみたいですね、大変だw

タコスの持ち入れを許可してもらい卓に着くと、龍門淵の井上純にタコスを食べられてしまい、さぁ大変。

そこで、お腹が減っていると、勘違いしている風越女子の福路がお弁当をくれます。

そこには、優希のタコと名の付けば力になると豪語していた、タコさんウインナーが・・・って、いいのかそれでw

ちょっと笑っちゃったよw

でも、タコスでないからなのか、力があまり出ずに半荘が終了してしまう。

内容からいうと、龍門淵の井上の感で、絶妙に鳴きで場を乱されてしまった。

結局、一度も上がれず、しかも井上の直撃振込みで、清澄は点数でかなり落ち込んでしまいます。

休憩時間、そこにナイトが登場。買出しに行っていた京太郎が、無事にタコスを買ってきてくれました。

これで充電完了・・・万遍名笑みの優希がとても可愛かったですね^^

後半戦の半荘、タコスのおかげ?で手はいいのだが、またもや、井上の感で一発がなくなる。

しかも、加賀の津山にさらっと持って行かれてしまいます。

この後に、合宿の事を思い出し、やる気を取り戻した優希ですが、またもは井上のブラフとも言うべき行動にたじろいでしまう。

で、何を思ったのか風越女子の福路が手助けを・・・。

風越部員も行ってましたが、そういう性格なのだそうです。前回の話にもありましたね。

そして、福地の右目は開いてました。見えない訳じゃなかったんだ。

開いたことに寄って、相手の牌の予想と周囲の行動、目の動きとかを察知できるみたいですね。

詳しくは触れませんでしたけど、そんな感じな事を言ってました。

結局、これのおかげで、直撃で点数を取り返して徐々にイーブンペースに。

井上の「十分、高けーよ」の所は、全くだと思ったねw

でも、福路もここから反撃。井上も言ってましたが、この場で本当に強い敵は、彼女のようで、判断を見誤ったと透華が怒ってましたよw

と、あれよあれよで風越がトップ。意外と加賀学園の点数が開いていないのも注目。

順位は風越女子・龍門淵・清澄・加賀の順番で、まぁ予想通りの展開ですね。

今回も展開が速いですけど、配牌とか捨て牌とかの見れる所が多く時間が取れてましたので、見てて解りやすかったですね。

次回は次峰戦、マコの登場ですな。

そうそう、一番最後に天江衣がようやく出ましたね。・・・アリス?

あの、うさ耳は本当に付いているんだ。予選の時、メイドさんが嫌がっていましたけどw

っていうか、起きていたじゃん。次の登場は到着時か、そのまま大将戦かな☆



咲-Saki- アニメスペシャルサイト

2009年06月02日 | 00時05分 | 咲-Saki- | トラックバック(2)件 | コメント(0)件

咲-Saki- 第8話

今回の話の全体を通すと、これで始めて決勝戦全高校の説明みたいなのが出来ましたね。

最初、話の軸が判らなかったです。いきなり屋台ラーメンからだったもんだから、あれ?っと思っちゃいましたよ。

しばらく経って、予選が終わった後の事なのだと知りました。

いきなり場所が違ったので、ちょいとびっくりですよ。

ラーメン・・・いいですねぇ。和はラーメン食べた事無いのか、良い家柄だからなぁ。

優希の豪快な食べ方はマルですw でも、ラーメンにタコスって、どんなラーメンになるんじゃw

久とマコの関係も少し出てましたね。未だこの二人は多くスポットが当たっていないですけど、久の戦い方に、局面に手数の少ない方を選ぶと言ってましたが、それを理解しているマコと照れる久が可愛いかったです。

次に咲と和の場面ですが、和の過去の大会で団体戦で勝ち抜けなかった思いが今に続いている事を言ってました。

清澄はこんなもんかな。

龍門淵高校は・・・未だに天江衣は出てませんね。シルエットのみで、目覚まし時計をいっぱいセットしても起きない、年齢は同じなのに子供・・・。こんな情報しかないですね。

風越女子高校はキャプテンの人柄と、部員の決意が見られました。あとはお風呂シーンですなw

そして鶴賀学園、本当に最後に出てきて、苦戦するが副将戦と大将戦に持ち込めばと言っていたので、2人ほど強いのが居るようですね。多分リーダーだと思う話していた人と、後ろで変なオーラが出ていた彼女でしょう。

と、コレを書いている時に公式に行ってキャラクターをちょいと覗いてきました。

次からは、出来るだけ名前を書いていきましょう。

次回、予告ではいよいよ決勝戦をやるようなので、立ち上がりが楽しみ☆





 

咲-Saki- アニメスペシャルサイト

2009年05月26日 | 00時05分 | 咲-Saki- | トラックバック(1)件 | コメント(0)件

咲-Saki- 第7話

予選副将戦の和からの対局でしたが、これがメインでしたね。

ペンギンのぬいぐるみ(名前があったはずなんだけど、ど忘れ・・ペン何とかだったはず)のチェックは笑ったw

しかも、目立っているのを怒るのも(龍門淵の京香?漢字はしらんけどそんな名前)居れば、久なんか半分冗談だったと言うし。

合宿の結果で出ているとはいえ、かなり無茶だったんではないかと。(ストーリー上では良いがw)

そして前回の話でも出てた、和=のどっち説もほぼ解決したみたいですね。

NET対戦の戦い方の説明があり、その打ち筋など理解が出来て良かったかな。

結構丁寧に作られていますね。

でも、流石に打ち回しが速く、見ている自分としてはパッと反応できなかったよ。

何をツモって、何を切るを考えることなくストーリーが進んでしまった。

そういう効果なのだから良いんでしょうけどね。

次は大将戦の咲ですが・・・あれ、飛ばされましたよ。主人公なのに・・・。

まっ、いいか。後半一番スポットが当たるでしょうからw

そして、2回戦・・・省略です・・・ええっ、いいのそんなんで。

原作がどうなっているかは知りませんが、そういうノリなのか、このアニメは。

考えによっては、そんな細かいことやっているとクール足らんとは思うけどね。

一応、OPでキャラは出ているのだから、そこはメインにしないとね。

そういえば、相手高校の一つ、花なんとかっての高校の話題が後半ちょっとありました。

あのリーダーやっている子は片目が見えないのかな。ずっと瞑っていたから。

それとコーチの方は何か因縁んでもあるのだろうか。あの怒り様。

決勝戦に残った4校の内、清澄+2校は前々から説明があったけど、もう1校の事は不明ですが、劇中にも決勝初らしいし、何か居るんでしょうなぁ。

OPに出ているのかな。くっ、そろそろレコーダーの購入を考えるべきなのか。

あっ、記憶から察するに会議室っぽい所に居た人たちか。ロングの子がリーダーっぽい奴。

次回は決勝戦ですね。先鋒からちゃんとやってくれるかな。

対戦キャラクターも勢ぞろいでしょうから、面白くなりそうです。

ED曲が変わっていましたね。今回だけかな・・・。確か以前のED曲は主題歌EDとなっているはずだから、無くならないはずだし。

そいいえば、この前番組の「夏のあらし」も前回はカヤさんが歌っていたEDでしたが、今日は嵐さんに戻ってましたな。

そんな感じなのかな。曲は咲と和が歌っていたと思うのでその二人がメインの時かも知れませんね。

清澄高校麻雀部EDは楽しい曲とコミカルな作画でちょっと気に入っています☆






 

咲-Saki- アニメスペシャルサイト

2009年05月19日 | 00時05分 | 咲-Saki- | トラックバック(1)件 | コメント(0)件

咲-Saki- 第6話

始まりました、大会予選開始です。

今後対戦するであろう主要キャラクターは出たのかな。

流石に相手校の名前までは覚えていませんが、決勝で清澄校と当たるであろうと・・・。

そうそう、この前たまたまコンビニに寄ったら咲の単行本があったので1巻をちょいと読みました。

丁度、合宿の所までだったので付加も無くと言う感じです。

マンガの方ではマコの店って雀荘なんですね。

高校生と言う設定だから、流石に無理と言うことでアニメでは喫茶店になったのかな。

それ以降は読んでないので、できるだけアニメで楽しもうと思う。

優希>マコ>久>和>咲の順で試合は進む訳ですが、放映ですでに久まで終わり、次回は和からという、また良い所で切りますね。

優希の前半戦の強さのいい所がよく出てました。周りの人も後で気がついたみたいですが、本当に東場だけだったんだなw

ああ、久に打ちまわしが無い、今回も見れないのか。マコによると安い手で局を速く終わらせたらしいけど・・・。

和の事もちょっとやりましたね、ネット上の「のどっち」の事で。

OPの天使の格好ってネット上でのアバターだったのか、今頃納得したよw

ペンギン効果はでるかな? のどっち=和と言うのはストーリー上では成立してないですからね。

次回の予告でも、何かツモを牌の上に置いて何か試しているみたいですし。

来週は和と咲をやるのか、果て又、和だけなのか判りませんが、展開が待ち遠しい。

今回、あえて「福与かな~」はスルーします☆





咲-Saki- アニメスペシャルサイト

2009年05月12日 | 00時05分 | 咲-Saki- | トラックバック(1)件 | コメント(0)件

咲-Saki- 第5話

合宿、温泉だー。

うーん、自分の思っていた所とちょっと違った。民宿みたいなのをイメージしてたんだけど。

でも、アレはアレで良い。

しかし、今回の話では優希が大暴走でしたなw

いきなり和の服を剥ぎだすし、浴衣は肌蹴放題だし・・・でも、胸が無いからなのか特に修正が入っていなかったなw

京太郎がPCやら雀卓やら、あの大荷物も持ってきたのに、隣の部屋で一人なのはちょっと寂しかったかなw

でも、最初にバスの中で優希が絡んでいたからいいかw

麻雀では、それぞれの特徴が出てましたね。

咲は周りの情報を得るのが得意らしい。その反対にPC麻雀の強い和はその情報に左右され易い。

(俺はあのペンギンになりたいw)

優希は相変わらず東局は強い。途中でめげちゃいましたけど、久の過去の話で取り持ててくれたし。

京太郎は・・・そうか、この3人と比べると激弱なのか。そういうキャラだからしょうがないかw

後半の温泉シーンは流石に咲と和に湯気や光の修正が付いてましたね。

これDVDでどうなるのかなぁ。お色気方面じゃないから直らないかな。

元々そういう方面の場合は、例えば一騎当千とか、あの辺はDVDだと修正が緩和されるんですけどね。

自分は録画とかしていないので、セルで描いてあったのか、じっくり見て確認する術がないのですが、どこかで討論してるかな?w

次回の予告では、ようやく大会ですね。色々キャラクターが出てくるかな。

そういえばOPでカットが増えていたはず。その影響かな。

今回の話では和の可愛い所がいっぱい在ったので○です☆





咲-Saki- アニメスペシャルサイト






追記

ぐはっ、いおりんの誕生日祝い書くの忘れてた・・・。
これは締められるなぁ。。。すまん。
今頃になって追記ですが、水瀬伊織様、お誕生日おめでとうございます。
2009年05月05日 | 02時58分 | 咲-Saki- | トラックバック(2)件 | コメント(0)件

咲-Saki- 第4話

ぶっちゃけ、前回の予告の事忘れてて、冒頭を見た時、メイド服に驚いたよw

咲と和のわだかまり?も無くなり昼飯も一緒な関係になったところ、京太郎の妄想はちょっとグッときた。和の嫁姿がいいw

んー、前回のもそうだったけど、優希と京太郎の間には何かあるのかな?

この二人ちょっと面白いよ^^

次にメイド服になる訳ですが、メイド服のスカートの裾が短いと言ってましたが、制服のスカートも短いんだけど、と言う突っ込みは無しですか?(笑)

前回、生徒議会長の電話の相手はプロ雀士でしたか。

しかも、前回優勝した学校のなんちゃら~って奴(名前ど忘れ)とやっているとな。

咲に取って姉はどういう存在なんだろう。プロの人の何か感じ取った感覚で震えてましたし。

そして、合宿となる訳ですが、そこまで考えていた久は中々の策士ですね。

まともに麻雀打った所を見たこと無いですけど、よっぽど強いんだろうなぁ。

次回は・・・温泉の浴衣ですよ。しばらく萌え的なのが続くかな☆



咲-Saki- アニメスペシャルサイト

2009年04月28日 | 00時05分 | 咲-Saki- | トラックバック(1)件 | コメント(0)件

咲-Saki- 第3話

あの雑誌の内容はお姉さんでしたか。

回想を見ると歳の差がありそうなんですが全国大会に出てくるって事は高校生なのかな。

どういう経緯で別々になったのかは明かされませんでしたが、のどちゃんと良い方向に向いたのはよかったです。

のどちゃんが本音を言った所の表情が自分はツボでした^^

お互い色々あるみたいでしたが(どっちも親の事ですね)打ち解けたみたいだし。(だよねぇ?)

やっぱ、笑顔の方がいいよね。

今回は全国大会の話がちょっと進んだ為、色々な学校のキャラが登場しました。

全部と当たるんだろうか・・・あれだけしか出ないのはちょっと悲しいから。

クールが足らずに終わったり、原作に追いついて終わったりね。

まっ、あの上にお姉さん照だったかな?、居る(んでしょ?)訳ですから今後の展開も楽しみです。

他に出てきたキャラは・・・部長の電話相手?かな。あれは何でしょう・・・。

どうも、こっちも何かの関係があるみたいだし、本気とは何でしょうね。

ちょっとしたインパクトのある優希の大好物は、タコスだけど、タコの付くものは好きらしい。

特に意味は無いのですが、印象に残っているんでw

麻雀の方ですが、ちょっとしたテクニックを咲は出しているのですが、本当に麻雀しらないと、和が怒った理由も判らないんじゃないかな。

それと、順番が逆になってしまいますが、一番最初の対局の時、自分でも9萬を切ってましたね。

あの振り込んだ直後に、自分でも捨配1萬に引っかかったと後悔してしまいました。

自分もまだまだですね^^;

来週の予告では・・・コスプレ?なんか変なことになってないか?

萌えアニメだからいいのかな。何にせよ、来週も楽しみです☆

咲-Saki- アニメスペシャルサイト

2009年04月21日 | 00時05分 | 咲-Saki- | トラックバック(1)件 | コメント(0)件

咲-Saki- 第2話

言った以上は見ないと行けないと2話目も見ました。

展開から、もうちょっと争うのかな?と思ったけど、すんなり解決してしまいましたね。

ガチ勝負があるのが一般的な展開だと思うけど、俺はあれで良かったと思う。

日曜のあの時間でそれは辛いな(自分的に)。まったりでいいよw

今回は勝ちましたけど、上がり方がリンシャン開放というのは、咲のもう一つの技なのかな?

あとは、ちょっとお風呂シーンがありましたけど・・・あんなにあったのかw



咲の家庭の事情がなんとなく出てましたけど、全く解かりませんでしたね。

原作読んでないので、あそこであのシーンがあっても、解からん。

週刊誌の52ページ?って、恐らくは母親とかが載っているんでしょうけど、この伏線はちゃんと消化してくれるのだろか?



とりあえず、そんな感じの2話でした。


咲-Saki- アニメスペシャルサイト







今日は星井美希役の長谷川明子さんの誕生日ですな。
アッキー、誕生日おめでとう☆
2009年04月14日 | 00時05分 | 咲-Saki- | トラックバック(1)件 | コメント(0)件

咲-Saki-

今期、唯一チェックしていたアニメがあります。それが麻雀アニメの咲です。

昨日、テレビ東京系列で始まった「咲-Saki-」ですが、第一話を見ました。

前評判と萌え系アニメであり、豪華声優陣とまぁいいとこ取りでどれだけ面白いのかと思ったのですが

第一話では判らんw これが結論だわ。

ただ、麻雀初心者や知らない人が見ても、多分何がなんだかわからないと思った。

そもそも原点にすることやリンシャン開放やら専門用語が最初から出すぎだw

でも、解かる人にはかなり面白くなりそうな予感です。

さっきと逆になりますけど、かなりマニアックな上がり方やあんな符の計算はツボですね。

キャラクターについてはまだ全部が出てないから解からないですけど、お気に入りを探しましょうw

とりあえず、第一話では原村和ですなw



咲-Saki- アニメスペシャルサイト

2009年04月07日 | 00時05分 | 咲-Saki- | トラックバック(0)件 | コメント(2)件
XBOX360ゲーマータグ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブログパーツ
アクセル・ワールド ソードアート・オンライン
QRコード
QR
ブログ内検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pictlayer